知らないと損するプラセンタの健康と美しさを保つ11の新事実!

知らないと損するプラセンタの健康と美しさを保つ11の新事実!

健康と美しさは女性にとっては永遠の課題ですよね。

プラセンタの健康と美しさを保つための「知らないと損する11の新事実」をご紹介します。

ネットや情報誌にあふれる、プラセンタのことが多すぎて何が正しいのか、何が間違っているのかわからないことも多いのではないでしょうか。

プラセンタの研究者の方の正しいプラセンタの健康法、美容法をお伝えします。

①若く見えるプラセンタ効果とは?

プラセンタとは、哺乳類の胎盤のことです♪

プラセンタの新事実

妊娠中の母体と胎児とをつなぐ器官で、胎児と母体の健康を維持するとともに、胎児の成長を促す働きがあります。

製品としてのプラセンタには、市販されているプラセンタ(馬や豚由来)のサプリメントがありますが、医学的に注目されている「ヒト由来」のプラセンタもあります。

プラセンタサプリメントを使っている実感するポイントとしては、、肌に透明感やツヤが出た、肌のハリや弾力がアップした、冷え症が改善された、目覚めがよくなった、体調を崩すことが少なくなったなどの実感がありました。

私の場合、内臓を弱らしたために、美容というよりは内臓機能の強化のために使用したというのが本来の目的でした。

プラセンタの二次的効果として、上記のような実感も感じました。

プラセンタは、古代中国の始皇帝の頃には不老不死の妙薬のひとつとして用いられたとされる説があり、また、クレオパトラやマリー・アントワネットなどは若返りなどの美容効果を目的としてプラセンタを用いていたといわれています。

➁プラセンタの成分とは?

プラセンタの成分とは?

母から子へ、命をつなぐプラ戦T内は命の元となる成分がギュッと詰まっています。

▶身体のコンデションを整える「グロースファクター

グラースファクターとは、グロースファクターとは体内にもともと存在するタンパク質の一種で、老化した細胞に若さを取り戻すスイッチを入れる役割を果たします。

▶身体を作り、身体を活性化させる五大栄養素「脂質・糖質・タンパク質・ビタミン・ミネラル」がすべて備わっています。

▶健康的な生命の維持に関わる、酵素類や体のリズムを高める核酸が備わっています。

核酸とは、すべての生体内に見出される高分子物質です。窒素を含む塩基、燐酸(りんさん)、ペントース(=炭素原子五個をもつ糖)からなる、遺伝と蛋白(たんぱく)質合成に重要な役割を果たしています。

▶ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などの水分を保持する働きのある「ムコ多糖類」を含んでいます。

プラセンタの成分を分析すると、まさにオールマイティーといえますね。

③プラセンタ効果とは?

医薬品のプラセンタには、海外の文献等の報告では、20種類以上の有用な作用があると報告されています。

サプリメントでのプラセンタでも、美容や健康増進のジャンルでも高い効果が期待できる。

プラセンタには、活力向上、美容、若々しさ、体を守る効果などがあげられます。

■自律神経のバランスを整える

■肝臓の働きを強める

■病気に対する抵抗力を高める

■基礎代謝を盛んにする

■老化の引き金となる「活性酸素」を除去し、酸化を防ぐ

■炎症を抑え、壊れた組織を修復を促進する

■ホルモンバランスを整える

■精神を安定させる

■妊婦の乳汁の分泌を促す

■アレルギーを抑える

■体質改善を促す

■造血組織を刺激し、貧血を改善

医薬用のプラセンタには、このような働きが確認されています。市販のプラセンタエキスも、プラセンタには変わりはないのですから、高品質なものを選べば、同じような実感を得られるんですね。

④海洋性・植物性プラセンタはどうなの?

プラセンタには、海洋性プラセンタ、マリンプラセンタ、植物性プラセンタをウリとした製品も多く出回っています。

これらは、胎盤と似たような役割を持つ素材を使っているということでこのような名前が付けられていますが、結論から言えば、これをプラセンタと呼ぶにはふさわしくはないのです。

海洋性やマリンプラセンタの多くは、魚の「卵巣膜」を原料に作られており、植物性プラセンタは、主に植物の「めしべ」の根元である、「胎盤」から成分を抽出して製造されています。

どちらも、グロースファクターなど、プラセンタ特有の成分は含まれていません。

よって、プラセンタと同じ効果は期待できないのです。

グロースファクターとは、体内にもともと存在するタンパク質の一種で、老化した細胞に若さを取り戻すスイッチを入れる役割を果たします。EGF(上皮細胞増殖因子)、HGF(肝細胞増殖因子)、FGF(繊維芽細胞増殖因子)、IGF(インシュリン様細胞増殖因子)。

⑤プラセンタは原液がいい?

そもそも、プラセンタの原液の定義が、取り扱うメーカーによって異なります。

濃度も製造方法も異なるため、原液という言葉に惑わされないことが大切です。

大事なのは、アミノ酸と窒素の量です。しかし、これは問い合わせるしかないので、購入する際は、信頼のおけるメーカーを選ぶことが肝心といえますね。

⑥ダイエットにもプラセンタ?

理想の体型を目指すならプラセンタ♪

食事管理、運動などボディメイクには、いろいろな手法がりますよね。

そもそも、ボディメイクをどうとらえるかにもよるのです。ここでは、体が気になる方が、健康的な美ボディーになるという観点でお答えします。

プラセンタには、活力向上や体のリズムアップなどの効果が期待できます。元気が出てきたと実感でき、毎日をアクティブに過ごすことになるでしょう。

そうなると、当然身体が活性化します。

その結果、健康的に美ボディになれ、理想的な体作りの成功につながるんですね。

⑦美容にはコラーゲンよりプラセンタ?

コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分はそれぞれ単体であるため、期待できる効果は限定されてしまいます。

一方、プラセンタは成分を見てもわかる通り、複合体であるので、複数の効果だけでなく、相乗効果も期待できるといえます。

つまり、プラセンタを飲むことで、コラーゲンやヒアルロン酸などに求める効果もカバーしてしまうんですね。

⑧プラセンタは若返りの救世主?

プラセンタの若さの秘密

女性の老けて見える主な原因は、加齢による身体バランスの変化で、体のコンデションの乱れからくるのだといわれています。

プラセンタには、身体バランスを整える役割をもち、身体活性作用もあるのです。

つまり、身体バランスを整え、体のリズムを高めるために。身体に栄養を供給するんです。

その結果、身体が活性化し、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養が効率よく体に満たされるようになり、若々しさにつながっていくんです。

老けて見られるのはしかたないとあきらめる前に、プラセンタをおすすめします。

⑨プラセンタはいつとったらいいの?

プラセンタは、朝と夜の2回にわけて摂った方が良いでしょう。

夜はおやすみ前がおすすめです。寝てから4時間はゴールデンタイムと呼ばれ、お肌の調子を整える時間なんですね。

また、プラセンタは、継続して初めて効果があるものです。年齢的に早すぎることはありません。

思い立った時こそ、プラセンタの摂取をおすすめします。

⑩プラセンタの副作用について

有用性が高く医学的に注目されている、「ヒトプラセンタ」でさえ、アレルギー反応を除く、重大な副作用の報告はこれまで、一度もありません。

市販のプラセンタのサプリメントも、メーカーの厳しい自社基準のもとで検査され、安全性や品質に配慮して作られています。

結論としては、副作用の心配はそれほどありません。

ただし、他の食品と同じように、アレルギー反応を起こす可能性はゼロではありません。

1日の使用量を守り、異常が見られた場合は医師に相談しましょう。

⑪サイタイとは?

プラセンタとは、胎盤から抽出された「プラセンタエキス」のことです。メスの哺乳類だけが持つ胎盤は、母と子をつなぐ大切な役割があります。

そのため、プラセンタエキスには命を育むために必要なアミノ酸やビタミン・ミネラル・各種の酵素やその他の栄養素が豊富に含まれています。

また、「サイタイ」とは、単盤と胎児をつなぐパイプで、母体からの酸素や栄養の供給を担っている「へその緒」のことです。

胎盤を介して、母体と胎児を健康に保つ重要な優位いつの器官です。

サイタイは、アミノ酸やコラーゲン・ヒアルロン酸などの美容成分の宝庫です。

プラセンタの選び方の基準とは?

プラセンタには、さまざまな抽出方法がありますが、従来の代表的なものとしては、低温で処理した胎盤の細胞を酵素で分解して、成分を抽出する「酵素分解法」があります。

この抽出方法は、成分をなるべく壊すことなく抽出できるので、多くのメーカーが取り入れています。

しかし、酵素で分解した時点で重要な「胎盤の働き」そのものは失われてしまうという欠点がありました。

プラセンタの力を最大限に引き出すためには、分解を一切しないで「非分解製法」が望ましいのです。

非分解プラセンタは、胎盤に何かを混ぜたり、加えたりして成分を分解することがなく、胎盤の成分そのものを何にも手を加えないで、純度100%のプラセンタを抽出することができます。

さらに、余計なものを加えず、胎盤の栄養を壊していないため、抽出した成分の中には、胎盤本来の栄養や働きが、備わったままとなるんですね。

また、殺菌に関しても、一般的なプラセンタは、120度の高温で一気に加熱殺菌を行うのに対して、通常の10倍もの手間を要する「遠赤外線」による、長時間低温殺菌方式を用いて、組織を傷つけない殺菌が望ましいのです。

そのような製法をしているのが、ステラマリア・プラセンタサプリメントです。

おすすめのプラセンタイチ押し!

当サイト管理人も飲んでいるのがコレ♪

コスパに優れ、配合量の多さで人気のあるのが、ステラの「ステラマリア」というプラセンタサプリメントです。

重要なプラセンタと、サイタイエキスがのみの原料でできています。

これまでプラセンタエキスを飲んでも、ちっとも効き目がなかった人や、甘い成分の入ったプラセンタドリンクなど、効果を感じなかった人におすすめします。

配合量は、10,000㎎の原液を50倍に、ギュッと濃縮したプラセンタサプリです。

初回500円もうれしいのですが、定期コースにすると3000円弱で純度100%のプラセンタはそうお目にはかかれません。

プラセンタエキスのようなサプリメントは、1か月間だけ試して飲むというスタイルではなく、長く続けていって効果が実感できるものですから、コスパが良いのは、最大のおすすめポイントです。

これまで、栄養をしっかり与えてこなかった自分に、最大のご褒美をあげることができます。

ステラマリア
レベル★★★★★5.0 823

ステラマリアの成分と安全性

豚プラセンタ/HPMC ジェランガム
国産豚・含有量・製法・品質
合成保存料・着色料・防腐剤一切不使用
プラセンタ含有量1粒に10,000㎎

ステラマリアの特徴とおすすめポイント

一般的な市販のプラセンタはコスト削減のために一気に高温で加熱殺菌されますが、この方法では大切な成分が熱によって変性し、機能が失われてしまいます。プラセンタで実感できないというケースの原因は残念ながらこうした業者側の利益主義によるところが大きいのです。プラセンタの性質を知り尽くしたステラでは、大切な成分を壊さないよう低温でじっくり時間を掛けて殺菌だから重要成分がしっかり含まれたままなのです。

■ステラマリアの口コミと評判

●馬プラセンタでこの値段はうれしい
●お肌にいいアミノ酸量が馬プラセンタの2倍以上だから
●体全体がモチモチつるつるに激変しました、すぐに実感できました
●定期購入して毎日飲んでいこうと覆っています
●コラーゲンの時より比べものにならないほどよかったです

その一方でこんな声も…

・イマイチだったのでやめました。量も少ないし。私は効果はありませんでした
・プラセンタなんか迷信です

ステラマリア公式キャンペーン情報

トクトクコース(定期コース)

■通常価格:30粒入1日1粒30日間 4,280円(送料別)
■定期初回:88%OFF 500円(税込・送料無料)
■2回目以降:30%OFF 2,980円(税込・送料無料)
■定期しばり:3回 4回目以降7日前連絡後変更・停止OK
■返金保証:あり 30日間全額保証付
■支払方法:代金引換・後払い・クレジット・楽天ペイ
■販売者情報:ステラ 札幌市中央区南2条西6丁目17-5

体の中から変えていくのが結局一番の近道♪それがプラセンタ!

効果的な使用法:1日1粒 1粒当たり1万㎎のプラセンタを含有

■ステラマリア口コミレビュー

1粒に1万㎎のプラセンタ・ステラマリア口コミレビュー

最後に

プラセンタの知らないと損する11の事柄について説明しました。

ネットや情報誌にあふれるプラセンタのことが、多すぎて何が正しいのか、何が間違っているのかわからないことも多いのではないでしょうか。

プラセンタの研究者の方の正しいプラセンタの健康法、美容法をお伝えします。

健康と美しさは女性にとっては永遠の課題ですよね。

■おすすめの記事
膵(すい)臓は、胃の裏側にある、長さ15~20cmの細長い臓器です。すい臓の働きは、消化液を分泌して消化を助けることです。消化液の中には消化酵素が含まれていて、食べ物の消化をサポートしています。それと、インスリンなどのホルモンを分泌し、血糖値を一定濃度にコントロールする働きがあります。すい臓が弱ってくるとどのような症状が出て、どのような栄養素が足りなくなるのか、栄養素を補充するサプリメントの説明をします。

サプリメントは治療するものではなく栄養を補充するものです

★サプリメントは、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。。

からだの不調時はお医者様にご相談ください。

医師にご相談のうえ、適切な栄養補給としてサプリメントをご利用ください。

サプリメントに頼るあまり、治療が遅れる場合もありますので、ご注意ください。

サプリメントは未病のためのご利用が理想的です。

【サプリメントの使用上に関する注意】サプリメントは疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。●アレルギー体質の方、妊娠・授乳中の方は、医師または薬剤師に相談してください。●疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。●体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

シェアする

フォローする